人の生活を見たい。

求めたのは多様性

【WWOOF(ウーフ)】日本で半自給自足している農家に1週間生活してみた結果 ~生活編~

こんにちは、すぐるです。

ええ顔しとる。

 

 

 今回、WWOOF(ウーフ)を利用して、農家さんのお宅へ1週間一緒に生活してみました。

 

こちら、みんなの集合写真です。僕が左から2番目に写ってます(笑)

 前側に写っているのが白取さん夫妻なのですが、この二人なんと

 

 

森だった土地を開拓し、家を建て、畑まで作ってしまった方々。

 

やっべえぞ!

 

開拓に6年もかかったらしい・・。

 

いや、原始人かよ(笑)

f:id:katttsu105:20170520161606j:plain

 

 

しかも生活は半自給自足。

しかも週替わりで住人が変わる。

 

開墾者×半自給×いろんな人との共同生活。

すさまじい文化を知ることができたので紹介していきたいと思います!

ではいきましょう!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

 目次!

 

 

 

 

場所は青森県弘前市

弘前駅にやってきました。

ここから40分ほどバスに乗って、弥生北口という終点まで行きました。

 

↓バスの床が木!

 

 

バスから降りると颯爽と迎えに来てくれました。

今回のホスト、白鳥克之さんです。

みんなからはカツさんと呼ばれてます。

今回訪れた先は青森県弘前市の白取さん宅!

車で走ること10分。

見えてきました。これがおうち。

 

 

いやでけえよ!?

これほんとにつくったの?

 

 

着くとすぐに子供たちにお出迎えされた。

カツさんの子供たち、宙太(小3)と詩織ちゃん(小1)である。

「おい、チャリ行くぞ!」と言われたのでついていくことに。

 

開拓スピリッツを受け継いだ子供はたくましい

「秘密基地行くぞ!」とか言いながら背丈以上の草をどんどんかき分けていく。

しかも斜面は急。

 

「こいつらやべえ・・・」

やっぱ開拓スピリッツを受け継いだ子供たちはかき分けていくことを躊躇しないのか・・。

 

この子たちに家の周りの事、畑をすべて紹介してもらいました(笑)

↓なんかこれ、縄文人の生活の跡らしい。

 

初日は遊んだだけ。

次の日から仕事が始まります。

 

 

1日の流れはこんな感じ。

WWOOF(ウーフ)での生活の流れ

5:30 仕事開始

7:00    仕事終了

7:00  朝食

 

8:30    仕事開始

10:00  休憩

10:30  仕事再開

12:00   午前作業終了

12:00  昼食

 

13:00   仕事開始

15:00   仕事終了

 

18:00   お風呂

19:00  夕食

労働は合計6時間。

仕事終わった後は子供たちと遊んでましたね。

 

主な仕事

苗植えとたい肥まきが主な仕事でした。

時期的にそういう時期なんだそう。

なんか土ばっかりいじってた気がする。

 

これは朝5時半から行われる鶏糞をひたすらトラックに積む作業。

よいしょっと。

 

きっついんだこれが(笑)

というか木の板を一輪車で登るのが怖い。

 

 

 

敷地・家の内部には何があるのか

・2階建て小屋

 

 

 一階は鶏小屋で、二階はハウスになってる。

 

一階

 

ちなみにこの鶏は廃鶏(はいけい)になった鶏をもらってきたものらしい。

廃鶏とは、採卵期間を終えて鶏舎から出される廃棄用の雌鶏のことです。まだまだ産卵もできて健康ですが、飼育コスト削減などの経済的理由により、と畜、解体されます。

 引用(http://zookan.lin.gr.jp/kototen/tori/t321_5.htm

 

22羽いて、一日に13個ほど産むらしい。

もらってきたので購入費はタダ。餌は生ごみや葉っぱなのでそれもタダ

というか初めて知ったんですが、鶏って卵の殻もたべるんですね。

砕いてあげないと自分が産んだ卵も餌と勘違いしてしまうので注意とのこと。

 

二階

 

ここで苗を育ててる。

 

水は沢水を利用したり、湧水を利用したり。

こちら沢水。

 

家の内部!

二階建てになっています。

これ手作りかよ!?っていうくらいしっかりしてる。

 

 

床を作ってるなう。のカツさん。

男は背中で語る。かっこいいぜ。

 

 

お風呂! 

薪を燃やした熱でお風呂を沸かしてる。

簡単に言うとみたいな感じ。

薪が足りなくなってきて、お風呂が冷めてくると

「薪お願いしまーす!」

と言うと誰かが薪を入れてくれる。

 パカっと。

トイレ

 

一見普通のトイレですが、

 水洗トイレではではありません。

コンポスト式トイレとかおがくずトイレとか言うらしい。 

 

 

なんと、用を足した後スイッチを押すと、

下で攪拌し発酵させてたい肥にするそうなんです・・・・。

すげえ、生活の中で物質が循環してる・・・。

 

 

ただ、小のみの場合は・・・

カツさん「あ、でもおしっこのみの場合は、そこでしちゃだめだからね。

     温度が下がると発酵できなくなるから。」

すぐる「じゃあどこでするんですか?」

 

 

 

カツさん「外」

 

 すぐる「あーなるほど・・・」

 トイレだけにあーなるほど・・・

 

これが部屋!

 

 

 「小便は外」で衝撃を受けた僕は少し休むことにした。

ベットに寝ようと思ってた矢先、

 「よお!俺カメムシ!よろしくな!」と言わんばかりのカメムシがたたずんでいた。

 

 

 

 

すぐる「あぱあ~~~~~~~~」

 

 

 

でも良く寝れた。

 

 

次回は人物紹介となぜこんな生活をしているのかに迫る!

 

それではまた。