人の生活を見たい。

求めたのは多様性

僕が休学した理由

 

初めまして。

勝山優と言います。すぐるって読みます。

今回は僕が休学に至った経緯をお話ししようと思います。

それでは自己紹介からどうぞ。

 

目次!

 

自己紹介

 

はじめまして、現在大学三年生で休学中のすぐるです。

下の写真は東京~静岡までヒッチハイクした時の写真です。

f:id:katttsu105:20170510102422j:plain

自己紹介をしておきます。

静岡県出身、現在21歳。高校まで静岡で育ち、大学進学を機に神奈川へと渡る。

3年間くだらない大学生活を過ごし、これじゃあだめだと一年休学を決意。

ただいま休学中であります。ギャップイヤーであります。

 

 

このブログで何をしたいのか

f:id:katttsu105:20170510102603j:plain

結論から言うと、ブログ名通り、色々な人の生活を見たいです。

大きな目標としては僕を含め、このブログを見た人が新しい価値観や考え方に気づいて欲しいと考えています。

そこで、このブログでは様々な生活をしている人を取材し、そこで感じたことを表現していこうと思っています。

 

なぜそんなことを思ったのか

まず、僕が休学至った理由をお話ししようと思います。

休学を考え始めたのは2016年の10月ごろ。僕は大学3年生で就活に向けて情報収集が始まっている時期でした。

「就活ッ・・・就活ッ・・・」というささやきがどことなく聞こえてくる時期ですね。

 

当時はやりたいことがなかったため、「このまま周りに流されて何となく就職したら絶対イヤになって辞める!」という危機感がありました。

 

実は3年生の夏に4カ月ほど長期インターンをやったことがありまして、「何となく」で始めたものの、ほとんどやる気が湧かず、フェードアウトする形でやめてしまいました。

その経験から「何となく」で自分の職業を決めるなんてもってのほかでした。

 

そんな時、偶然友人と飲んでいるときに「休学」というフレーズを聞いてしまったんですよね。その時までは休学という意味は分かるくらいでしたが、選択肢の中に浮かんでもいませんでした。

「そんな手もあるのかー」くらいに思っていましたがこの日から「休学」が頭から離れなくなり、調べてみたらかかる費用は休学費が年間12万のみ、つまり月1万で一年の猶予ができる。しかも新卒で卒業できる。

こりゃええぞ!と思い切って休学。(さんざん悩みましたが笑)

2017年1月に休学届が受理されました。

しかしここで、また新しい悩みが生まれます。

 

 

 

休学する目的は?

 

「で、休学して何するの?」

「・・・・」

・半年国内でインターンして経験を積んで、お金を貯めて、残り半年海外バックパッカーで旅行する!

・自転車で日本一周する!

 

 ((そんな風に思ってた時期が僕にもありました))

 

でもなんだかしっくりこなかった。

「適当に転々と旅行すればいいだろ」とも思ってました。

でも友人に「テーマは決めといた方がいいんじゃない」と言われて、そういわれればそうだなと目的を考え始めました。

そして悩み抜いてたどり着いたテーマが

 

人の生活を参考にして、自分の今後の生活を決める

というものでした。

そのためには日本各地に住み込みながら働くというのが、人の生活を見るうえで理想的な形だと思いました。

 

国内に絞ったのは理由があって、現時点で海外に住む予定は無いし、海外だと文化が違いすぎる。

国内だからこそ、自分の将来の生活に対してリアリティがあり、国内だからこそ、違いが面白い。

( 露伴ッーーー!!!)

これにはしっくりときた。自分が本気で興味あるものだし、揺るぎがない。

さんざん悩みぬいた末に、見つけることができた。あの時間も無駄じゃなかったと思える。

ではどんなサービスを利用するか。

利用する予定のサービス

①WWOOF

仕組みとしては、食事と宿を提供するから労働で返してねという奴隷制度。農家さんが多い。

ホスト(受け入れ先)と直接やり取りをして期間などを決める。ホストにもよるが2、3日の受け入れも可能で長い場合、数カ月~1年の受け入れも可能なホストもある。

利用する理由としては、ホストに魅力的な人が多い。そして人の生活を見たいという僕の目的にぴったりマッチするからだ。

 

短所として挙げるのであれば、

・給料が出ない

・サイトが使いにくい

・完全に自分でコミュニケーションをとらないといけない。

・登録費用がかかる。

 1年目    年間5,500円

 2年目    年間5,000円
   3-4年目    年間3,000円
   5年目以上        年間1,500円

 

www.wwoofjapan.com

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

ボラバイト

住み込みバイト。(ボランティア+バイト)というコンセプトのため、普通のアルバイトよりも少ないが給料が出る

サンカネットワークというボラバイトを運営している会社仲介し、期間を申し込んで許可が下りれば、働き手が直接受け入れ先に電話相談をして決定するという手順。

これもWWOOF同様、人の生活を見るには適しているかなと思います。

実はボラバイトを利用して、2016年の夏にキャンプ場のバイトをしたことがあります。

その話は別記事で書こうと思います。

 

短所を挙げるとすれば

・給料が若干少なめ。

・自炊だったり免許が必要なところもある

・自分で電話をしなければならない。

www.volubeit.com

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

③リゾートバイト

一般的な「リゾバ」というやつ。リゾバ.comやアルファリゾートなど色々なサイトがある。

最大の長所は給料が出る。お金が貯まる。交通費も規定内まで支給される。

短所としては

・その人の生活を知るという感じではないかな

・ドライなイメージ

 

だがしかし、GW群馬でリゾバしてきました。

そこで大きな成果があったので、また別記事にて。

www.rizoba.com

www.a-resort.jp

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

最後に

初記事ですが、何となくわかっていただけましたでしょうか・・・?

まとめると「1年休学して、住み込みで働いていろんな人の生活を体験したい」ということです。

今のところこの3つを利用して住み込みをしていこうかなと。面白そうなサービスがあれば随時やっていきたいと思っています。

「この一年はぜっっったいに面白くするッ!!!」

 

それでは、また